【解説】会社四季報ONLINE「DXに立ちはだかるカベ 『企業トップの理解がまだ足りない』」 - DXportal

【解説】会社四季報ONLINE「DXに立ちはだかるカベ 『企業トップの理解がまだ足りない』」

会社四季報ONLINE「株式ウィークリー『今週の話題』2021/01/26版」掲載の「デジタルトランスフォーメーションに立ちはだかるカベ 『企業トップの理解がまだ足りない』」を解説

弊社、DXportal / DXマニュアル(2021/01/21版)でも取り上げている「【中小企業のDX推進】経営者自身がボトルネックにならないための3ステップ」でも既に触れている内容が掲載されていましたが、ここでも「「日本企業はまだニューノーマルの社会への理解が足りないのではないか」(JEITAソリューションサービス委員会の馬場駿介委員長)。」とも書かれております。

特に中堅・中小企業においては経営者自身の意識改革やDX(デジタルトランスフォーメーション)への正しい理解が、新しいビジネスモデルを生み出す起爆剤となり得るにも関わらず、その取組への理解が足りないが故に変革の足枷となってしまっている点が指摘されています。DXマニュアルでも詳述していますが経営者ご自身にも…

  1. DXを正しく理解する
  2. マインドセットを変える
  3. トップダウンでDXを推進する

と云った3ステップを正しく理解して頂き、ピンチをチャンスに変える取り組みを推進していく必要があるのではないでしょうか。

出典(四季報ONLINEより):

デジタルトランスフォーメーションに立ちはだかるカベ -企業トップの理解がまだ足りない-

出典(DXportalより):

中小企業のDX推進】経営者自身がボトルネックにならないための3ステップ

このお知らせの執筆者

DXportal編集部

DXportal運営チーム

DXportal編集部

株式会社MU DXportal編集部。 DXportalの企画・運営を担当。企業経営者の方々が読みたくなるような記事を日々更新中です。掲載希望・その他お問い合わせも随時受付中。

DXportal編集部

DXportal運営チーム

DXportal編集部

株式会社MU DXportal編集部。 DXportalの企画・運営を担当。企業経営者の方々が読みたくなるような記事を日々更新中です。掲載希望・その他お問い合わせも随時受付中。

お知らせ一覧へ戻る