中小企業のDX推進を支える2つのリーダーシップ|成功のカギは分離と連携 - DXportal

中小企業のDX推進を支える2つのリーダーシップ|成功のカギは分離と連携

中小企業のDX推進を支える2つのリーダーシップ|成功のカギは分離と連携

「DX(デジタルトランスフォーメーション/以下:DX)を推進するためには、経営陣のコミットメントとリーダーシップが必要」という話はよく耳にすると思います。

とはいえ、社内だけでなく外部にも目を向ける必要がある中小企業の経営者は、それがどれだけ重要であろうと、DX推進事業だけに関わっているわけにはいきません。

経営陣が直接的にDX推進を指揮できない以上は、実際にDXを推進する現場のリーダーの存在が必要不可欠です。

しかし、経営陣に求められるリーダーシップと現場に求められるリーダーシップは実は大きく異なります。

そこで今回は、DX推進に欠かすことのできない経営陣と現場、それぞれに求められるリーダーシップの違いと注意点について解説します。

先日紹介した「DX推進リーダーに求められる5つの力」と共に、今後のDX推進を担う真のリーダーシップについて考えてみてください。

DX推進の成功には2つのリーダーシップが求められる

DX推進の成功は2つのリーダーシップが求められる

DX推進を成功に導くためには、時に経営理念まで含めた企業体質そのものを変革することが求められます。

企業を大きく変革するためには経営陣、特に経営者のコミットメントは必須であり、やはりDX推進を成し遂げるためには経営陣のリーダーシップが欠かせません。とはいえ、経営者はDX推進だけに関わっていられないのも事実です。

そのため、実際にDXを進めていくためには、経営者に代わって、ある程度の裁量がある経営陣の誰かが陣頭指揮を取ることになるでしょう。

しかし、DXを成功に導くためには経営陣、経営者といった組織の上の立場の人が引っ張る「トップダウンのリーダーシップ」だけではなく、実際に現場で指揮を執る「ボトムアップのリーダーシップ」も求められます。

その役割を担うのが、実際のDX推進を担当する現場リーダーです。

「経営陣のDX責任者」と「現場のDX執行者」。

2つのリーダーが揃って初めてDX推進は成功するといっても過言ではありません。

それぞれの役割を見ていきましょう。

経営陣のDX責任者の役割

DX推進のために、経営陣のDX責任者が担う主な役割には次のようなものがあります。

①DXを進める方向性や進行状況を経営トップとすり合わせる事や、現場リーダーから上がってきた案件を承認。

DX予算の確保やそれに伴う社内外のステークホルダーとの調整などの「社内政治」

つまり、DX推進のための大きな方針の決定やそれを実現するために必要な予算の確保などが経営陣のDX責任者の役割です。

いわば、経営のコンセンサスを形成し、DXを経営に落とし込む責任者であり、統括的な立場を担います。

現場のDX執行者だけではなく、社内全体にビジョンやゴールといった長期的な経営計画を示し、全従業員の足並みを揃えてPDCAを回せる環境を整えていくのが、経営陣から選出されたDX責任者の役割です。

現場のDX執行者

現場のDX執行者は、その名の通り、現場で実際のDX推進を執行する役割を担うリーダーです。企業の規模にもよりますが、 DX事業部部長やDX推進企画室長などの肩書が与えられることもあります。

現場のDX執行者は、経営陣のDX責任者が示すDXビジョンや長期的な経営計画に基づいて、事業計画や予算に関する短期・中期の経営計画を策定し、実際にPDCAを回す実務を担います。

予算や計画の策定は、最終的な責任者である経営陣のDX責任者の承認を得ながら進めることになりますが、人材リソースの確保や不足したケイパビリティ-(組織能力)の補填(外部ベンダー企業の選定・契約などを含む)といった具体的な組織設計などを、実際のアクションに落とし込む役割を担当するのが現場のDX執行者です。

SNSシェア

この記事の執筆者

山田 元樹

株式会社MU 代表取締役社長 / フロントエンドエンジニア

山田 元樹

社名である「MU」の由来は、「Minority(少数)」+「United(団結)」という意味。企業のDX推進・支援をエンジニア + 経営視点で行う。 最近の趣味は音楽観賞と、ビジネスモデルの研究。 2021年1月より経営診断軍師システムをローンチ

山田 元樹

株式会社MU 代表取締役社長 / フロントエンドエンジニア

山田 元樹

社名である「MU」の由来は、「Minority(少数)」+「United(団結)」という意味。企業のDX推進・支援をエンジニア + 経営視点で行う。 最近の趣味は音楽観賞と、ビジネスモデルの研究。 2021年1月より経営診断軍師システムをローンチ

前後の記事

全ての記事を見る